マナー

国が違えばマナーも違う!初めてのアメリカ旅行で困らない為の基本マナー

これからアメリカ旅行を考えているみなさん!

日本では当たり前のことでもアメリカでは非常識(違反)になることって何があると思いますか?今回はアメリカへ行ったときに恥をかかない為にも、チップ制度やレディーファーストなどの有名なマナーから意外と知られていないものまで、最低限は覚えておきたいポイントをご紹介します。

最低限は知っておきたいマナー

まずはアメリカに行った時に、必ず出くわす場面でのマナーや対応方法をおさえていきましょう~

サービスを受けたらチップを渡そう


日本では“おもてなし”という言葉があるように、受けたサービスに代金を払うという考え方はあまりないですよね。

ですがアメリカではチップをもらうことを前提として、労働者の時給が低く設定されているのでサービスを受ければチップを払うのが常識です。

レストランやホテルでチップを支払うことは知っている人も多いと思いますが、こんなところでもチップが必要なのか!と感じるのがタクシーやバスのドライバーです。

  • レストラン520
    よっぽどひどいサービスでない限り10%以上は払いましょう。
  • ホテル35(荷物を部屋まで運んでくれた時など)
    ハウスキーピングへのチップは1人$1
    例:2人で宿泊なら$2テレビ台の上などわかりやすい所へ置いておく
  • タクシーやバスのドライバー
    貸し切りなど専属ドライバーなら15%~20
    ツアーバスなど大勢で利用する車なら12でOK

チップは自分がしてもらったサービスへの感謝の気持ちとして支払うものなので、時と場合によってはもちろん値段は上記の通りでなくてもオッケーです。

日本人にはあまり馴染みのないレディーファースト


お店に入るときに男性が女性のためにドアをあけるという光景はアメリカでは当たり前。

もちろん日本でもチラホラ見かけますが、自分の連れに対してだけの場合がほとんどだと思います。ですがアメリカでは自分たちのすぐ後ろに人がいれば、その人たちのためにドアを押さえ続けている人も。

これは大人だけとは限らず小学校低学年くらいの男の子がドアをあけてくれていることもあります。アメリカでは子供の頃からレディーファーストの教育がされているんですね〜。

男女問わず、自分がドアを抑えているときに後ろからほかの人が来ていたら、その人たちのためにドアを抑えてたままにして、次の人がドアを押さえたら手を放すようにしましょう。

もし自分の前の人がドアを押さえてくれていた場合は、Thank youと一言お礼を言って通るか、ドアを押さえるのを代わりましょう。

もちろんドアを開けるだけがレディーファーストではなく、バスやエレベーターに乗るときなどアメリカの至るところでよく見る光景です。

アメリカに行った際は他の人の行動をみるのも、文化の違いを感じられて面白いかもしれませんね

レストランで『Excuse me‼︎』と大声を出すと恥をかく⁉︎


日本のレストランで店員さんを呼ぶときは、例え店員さんが離れたところにいても『すみませーん!』と少し大きな声で呼ぶ光景は日常茶飯事ですよね。

しかしアメリカで日本と同じ感覚で大きな声で『Excuse me!!』と呼んでしまうと、周りの人から痛い視線を浴びるかもしれません。

アメリカのレストランではテーブルごとに、ウェイター・ウェイトレスが決まっているので、なにか用事があるときは注文を取ってくれた店員さんに頼むようにしましょう。

そして店員さんを呼ぶときは大きな声で呼ぶのではなく、近くにいるときに、アイコンタクトをするか軽く手を上げてジェスチャーで伝えるのが一般的です。

アメリカのレストランでは料理が運ばれてきたあとも何度か店員さんが『料理はどうですか?』『何か他に必要なものはありますか?』という感じでテーブルに来てくれるので、その時に何かあれば頼むといいと思います。

間違っても大きな声で呼ばないように!

お店に入って声をかけられたら最低でも愛想笑いで!

アメリカのお店はかなりの確率で、服屋さんでも雑貨屋さんでも入り口付近に店員さんがいて、お店に入ると声を掛けられます。

大体は『how’s going today』的な感じなので、もし英語があまり得意でなければ無理に答えなくても愛想笑いで、視線を合わせてニコッと返すだけでもOK。

完全無視はかなり失礼になるので最低でも何かリアクションができるといいですね。

お酒を飲んだりタバコを吸う人は要注意‼


日本ではお酒を公共の場で飲んだり(お花見など)、レストランや居酒屋などでタバコを吸っている人は大勢いますよね。

こういった日本では当たり前のことがアメリカでは違法になり、最悪の場合、警察にお世話になってしまうなんてこともあるので、気を付けましょう。

お店でタバコやアルコールを買ったり、レストランで注文するときにID(身分証明書)を見せるように言われることがあるので必ず持ち歩くようにしましょう。

アメリカでは何歳から飲酒・喫煙できる?

基本的にはタバコは18飲酒は21以上ですが、アメリカは州によって法律が違うこともあるので、特に21歳以下の人は事前に自分が行く予定の州は、何歳から飲酒・喫煙ができるのか調べるようにしてください。

公共の場でのお酒はNG

これまた州によって細かい決まりは違ってきますが、基本的には公共の場での飲酒はアメリカでは禁止されています。

公共の場というのは、歩き飲みや公園で飲むなどお店以外の場所で飲むことです。また、車の運転手は飲んでいなくてもお酒が見える位置に置いてあったり、同乗者がお酒を飲むことを禁止している州もあります。

そして、お酒を提供しているバーなどは深夜2時くらい(州により時間は異なる)になると閉店しないといけないルールがあるので、日本のようにバーで朝まで飲み明かす、ということは基本的にはできないと思いましょう。(コンビニなどお酒を売っているお店も、同じです。深夜2時以降は販売してくれません。)

州ごとにルールが違うので必ず渡米前に自分の行く州のルールを確認しておきましょう。

タバコを吸える場所は日本よりも少ない

アメリカは日本以上に禁煙運動が盛んなこともあり、基本的にタバコを吸える場所を探すほうが難しいです。

レストランやバーなど、飲食店はほとんどの店が完全禁煙です。日本の居酒屋のように店内でタバコを吸える店は少なく、お酒が飲める場所でも禁煙の店がほとんどです。

禁煙に感しての表示で日本人が誤解しがちなのがsmoking freeと書いてあるところです。これは『禁煙』という意味です。Freeと書いてあるので吸ってもいいのかな?と思いがちですが、間違ってもこの表示のある場所では吸わないようにしましょう。

番外編

食事の時にお皿を持つのはアメリカではタブーです。

特にスープを飲むときなど、器から直接飲みたくなる気持ちはわかります。

ですが基本的にアメリカのテーブルマナーではお皿は机に置いたまま食事をするのでなるべく持ち上げないようにしましょう。

もう一つ気を付けたいのは、麺や汁物を飲むときに音を出しながらすすることです。

アメリカでこれをやるとかなり嫌な目で見られる可能性があります。

カジュアルなレストランならそこまで神経質にならなくても大丈夫ですが、少しおしゃれなところに行くときは気を付けられるといいですね。

アメリカで日本食レストランに行くとお味噌汁に蓮華やスプーンがついてくることがありますが、びっくりしないでくださいね。笑

さすがに日本食レストランではそこまで気にしなくてもいいと思いますが…

私もお味噌汁は直接飲みます!ご飯茶碗も持って食べます!だって日本人ですもん!!笑

まとめ

日本人には馴染みのないチップやレディーファーストなど、戸惑う場面がアメリカでは必ずあると思います。

ですが上記のことを気を付けていれば、アメリカで困ることはグッと少なくなるので頭の片隅で覚えておいてくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ